投資

金のニワトリを育てる【米国高配当株投資】魅力を全力解説!

男性の口コミ
男性の口コミ
配当金がもらえる米国株投資に興味があるけど難そう
男性の口コミ
男性の口コミ
他の投資と比べてどんなところが優れているんだろう?

私は2019年の末に【米国高配当株】を初めて購入しました。

2020年4月現在世界的に感染拡大している新型コロナウイルスの影響もあり世界的に株価が暴落しています。

特にアメリカでは都市の封鎖がなされていて経済も落ち込んでしまっている状態です。

今後も悲観的な状態で投資するには厳しい状況となっています。

実際私も2019年末に購入した米国株は評価損を出しています。

そんな状況なのに米国高配当株投資をおすすめするな!と思われてしまうかもしれませんが、長期的にアメリカ経済が右肩上がりになると個人的には考えています。

この部分を間違えないように注意してください。投資する上でとても重要です。

もしもあなたが今後アメリカの経済は縮小していき右肩下がりになると考えている場合は米国高配当株への投資はおすすめしませんのでそっとこのページを閉じてください。

この記事のポイント

・米国高配当株投資の魅力を解説

・米国高配当株投資をする理由

投資初心者だけど米国高配当株へ投資してみたい!という方は最後まで読んでくださいね。

【図解】米国高配当株投資は金のニワトリ!

図解は両学長のリベラルアーツ大学より引用 

上の図解のように米国高配当株を金のニワトリと金の卵に例えてみるとわかりやすいですね!米国高配当株の場合は配当所得にあたります。

さらに金のニワトリを育てる方法は下記の通りです。

  1. 金のニワトリを飼う(米国高配当株を買う)
  2. 金のニワトリが卵を産む(配当金がもらえる)
  3. 卵をニワトリに食べさせて太らせる(配当金を再投資する)
  4. 金のニワトリの産んだ卵を自分で食べる(配当金を使う)

株を保有することでもらえる配当金を日々の生活費にあててもOKですが、使わずに再投資することで資産を拡大させることができます。そうすることで金のニワトリが成長し産まれる卵も増えるということですね!

配当金が十分にもらえる状態になってから将来的に生活費の足しにすることを目標にするのもいいと思います。

個人的には一度購入した米国高配当株は売らずにコツコツと買い増していこうと思います。高配当株を売る=金のニワトリを食べてしまうということになりますのでどうしてもお金に困った時以外はおすすめできません。

米国高配当株投資の魅力を解説

なぜ日本の株ではなく米国株がおすすめなのかその理由について解説していきます。

✔︎金のニワトリ【バンガード米国高配当株式ETF(VYM) 】

ここでは米国高配当株ETFの一つ【バンガード・米国高配当株式ETF(VYM) 】(以下VYM)について例にしていきます。

VYMの特徴

構成株式銘柄:400種類

配当時期:四半期ごと

設定来リターン:約8%

・経費率:0.06%

ETFとは・・・ETFは上場投資信託というものです。簡単に一言で説明するならば、株の詰合せパック!お弁当を思い浮かべましょう。

✔︎構成銘柄が約400社!分散が効く

VYMの中に詰め込まれているおかずはなんと400種類!すごいですよね。VYMを買うことでアメリカの400社への分散投資ができてしまうんです。

主な構成銘柄はJPモルガン、ジョンソン・エンド・ジョンソン、P&G(プロクター&ギャンブル)、エクソンモービル、インテルなどです。一度は名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

このようなアメリカを代表する企業に投資できるのも魅力の一つです。

✔︎安定のパフォーマンス

下の図はVYMの10年間のパフォーマンスです。

バンガード社HPより引用

VYMの設定日は2006年11月です。上のチャートはここ10年のチャートとなっています。

コロナショックを受けての大きな下落を受けて最高値から20%程下げていますがそれでも10年間右肩上がりで増えており約2.5倍になっていますね。

✔︎手数料が圧倒的に安い

そして何より1番注目すべきポイントは経費率です。驚きの0.06%です。平均的なETFの経費率は0.19%と言われているのでどのくらい圧倒的かわかると思います。

信託手数料は投資信託において1番重要とも言えるポイントなのでしっかりチェックするようにしましょう!

銀行窓口で売られている投資信託などは購入時の手数料3%、信託手数料2%などぼったくり商品ばかりなのでVYMは超ローコストなのがお分かり頂けると思います。

✔︎1年に4回の金の卵=配当金

そして金のニワトリVYMがもたらしてくれるのは年に4回の金の卵=配当金です。3ヶ月に一度口座に配当金が振り込まれるのはワクワクする瞬間です。

金のニワトリちゃんが産んでくれる金の卵、最初は少ないかもしれませんがコツコツとニワトリを育てることで沢山の卵を産んでくれるようになるんです。

✔︎米国高配当株のおすすめ動画

先ほどの図解でも引用させていただいている両学長さんの動画になります!

VYMについても解説しているのでおすすめです^ ^

両学長 リベラルアーツ大学より引用

動画を見るだけで米国高配当株の魅力が伝わってきたと思います!

僕の考えで米国株に投資していく理由をこのあと解説していきますね。

米国高配当株投資をする理由

米国高配当株投資の魅力を解説してきました!

ここからは他の投資ではなく米国高配当株投資を選ぶ理由をいくつかのポイントで解説します!

配当金で生活を豊かにするため

金の卵=配当金はあなたの生活を豊かにしてくれます。株式の配当金は自分が働かなくてももらえる不労所得です。

金のニワトリを育てて卵を産ませる。これの繰り返しで配当金は徐々に増えていき、最初はお小遣い程度からスタートし、電気代が払えるようになったり、通信費がまかなえるようになったり。家賃が払えるようになるかもしれません。

米国高配当株投資をおすすめする理由の1つです!

将来のためのじぶん年金を作るため

配当金という不労所得の魅力その2ですが、ETFを売却しない限り未来永劫受け取ることができます。(少し言い過ぎですが)ETFが運用中止されない限りは大丈夫です。

ですからETFをコツコツ買っていき将来に渡って持ち続けることで配当金が入り続けます。

つまり米国高配当株ETFを購入すると生涯配当金をもらい続けることができます。

人生100年時代と言われる現代でじぶん年金を作ってゆとりのある生活を目指すためにも米国高配当株投資をおすすめします!

アメリカ経済の成長に期待しているから

これは冒頭でもお伝えしましたがそもそも米国高配当株投資をするにあたり自分の中で信念として持たなければいけない考えです!

アメリカ経済の発展、世界の発展を信じていないと投資する意味がなくなってしまうからです。

コツコツ投資をしているのに右肩下がりの経済では最終的にマイナスになってしまうので…

というわけで、米国高配当株投資をする3つ目の理由はアメリカ経済の右肩上がりな発展を想像しているからです!

金のニワトリ!米国高配当株投資まとめ

米国高配当株投資について魅力と投資する理由について解説してきました!

誰でも取り組むことができて中長期的に投資することで資産の増加が見込める投資方法だと理解していただけたら嬉しいです。

金のニワトリを育てて金の卵をコツコツもらえるように投資してみてはいかがでしょうか?

おさらいですが今回のポイントは以下の通りです。

  1. 金のニワトリを飼う(米国高配当株を買う)
  2. 金のニワトリが卵を産む(配当金がもらえる)
  3. 卵をニワトリに食べさせて太らせる(配当金を再投資する)
  4. 金のニワトリの産んだ卵を自分で食べる(配当金を使う)

このルートにたどり着くためにまずはコツコツ投資をしていきましょう!

ちなみに米国高配当ETFを簡単に買える楽天証券がおすすめです。

楽天証券を使うことでワンクリックで購入することができます!

こちらについては別の記事で解説したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

少しでも参考になれば嬉しいです^ ^